>学校自己評価

学校評価・自己評価について

本校は、2016年より自己評価委員会を立ち上げ、厚生労働省の「看護師等養成所の教育活動等に関する自己評価指針作成検討会」から報告された指針に基づき、学校評価・自己評価を実施しています。

評価項目は、領域Ⅰ~Ⅺまでの大項目、26の中項目、125の小項目で構成されており、評価基準は、3(よくあてはまる)、2(だいたいあてはまる)、1(当てはまらない)で評価しています。

実施した自己評価は、自己評価委員会でとりまとめ、学校運営会議で報告後、HPに掲載公表(2016年より)しています。

2021年度(令和3年度)の自己評価を行いましたので公表します。

【 2021年度(令和3年度)学校評価結果 】

1 対象者 教員12名 回収率100%
2 実施日 2022年3月17日~2022年3月31日
3 結果 2021年度学校評価・自己評価の結果は、全体平均2.5で、昨年と同様であった。評価が2以下の項目は、昨年は「研究」の1つであったが今年度は無かった。
コロナ禍の中、感染対策を万全に行い、シュミレーション教育に取り組む等研究的思考や工夫を行い授業を行ってきた結果ではないかと思われる。詳細はレーダーチャート図1~図4に示した。
4 今後の課題 2022年は、新カリキュラムが開始するため現状を維持しながら、新たなカリキュラム遂行のため、教育課程経営や教授・学習課程等に力を入れていきたい。
また、新型コロナ感染症が未だ収束しない現状を踏まえ、引き続き感染防止を強化し、授業の工夫や臨地実習で学ぶことと学内実習で学ぶことの精選等、全教員協力しながら、日々臨機応変に対応し学校経営を行っていきたい。

本校では、今後も継続的に学校評価を実施するとともに、その結果を教育活動へフィードバックさせ改善し、学校の維持・発展に繋げていきたいと考えています。

遠賀中央看護助産学校学校長 江川 万千代

2021年度の学校評価・自己評価大項目の平均値をレーダーチャート図1に示す。

2021年度の学校評価・自己評価の各項 Ⅲ~Ⅴの細項目平均値をレーダーチャート図2~図4に示す。

コスモス